Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル Cassava Editor
URL http://www.asukaze.net/
バージョン 1.46   1.59   1.58   1.57   1.56   1.55   1.54   1.53   1.52   1.51   1.50  
更新日 2008/11/09
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 CSVテキスト編集用のエディタ。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2008/11/09 ver 1.46

Ver.1.6.0 (879 KB)
Ver.1.5.10 (856 KB) /
Ver.1.4.6 (736 KB) /
Ver.1.28 (658 KB) /
Ver.1.23 LE (509 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.10 対応; 1.87 KB)
1.6.0 (2008/11/03)
[099]
Windows Vista 正式対応。
別スレッドでファイルを読み込むようにし、ファイルを開きながら中身を確認できるようにした。
[105]
簡易検索機能を追加。
[101]
ステータスバーを追加。
設定ファイルを AppData/Roaming/Asukaze/Cassava に置くようにした。
Cassava.exe と同じフォルダに Cassava.ini を置くことで従来どおりの挙動に変更可能。
マクロに組み込み関数を追加。
[064]
InputBoxMultiLine(str), InputBoxMultiLine(str,def),
(省略されました)

2008/09/13 ver 1.59

Ver.1.5.9 (856 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.9 対応; 1.87 KB)
1.5.9 (08/09/13)
1.5.0 以降で、マクロで再帰関数を定義すると誤動作していたバグを修正。

2008/07/23 ver 1.58

Ver.1.5.8 (855 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.8 対応; 1.87 KB)
1.5.8 (08/07/23)
1.5.6/1.5.7 で、「名前を付けて保存」ができなくなっていたバグを修正。

2008/07/20 ver 1.57

Ver.1.5.7 (855 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.7 対応; 1.87 KB)
1.5.7 (08/07/19)
「開いているファイルをロック」オプションを有効にしていると読み取り専用のファイルが開けないバグを修正。
保存時バックアップを有効にしていると読み取り専用のファイルを上書き保存できてしまうバグを修正。
一番下の行で行分割(Ctrl+Enter)するとエラーとなるバグを修正。
全角カナ→半角カナ変換で "ヂ" "ド" "ボ" "ポ" が消えるバグを修正。
全角カナ←→半角カナ変換で ヴ。「」、・ を変換するように変更。
マクロで、returnキーワード直後の「-」が二項演算子扱いとなってエラーになっていたバグを修正。
マクロで、Rightなどの特殊変数に対する「+」演算が文字列結合になっていたのを数値の加算となるように修正。
標準のHTMLエクスポートを、0 から始まる数字列をエクスポートしても 0 が消えないように変更。

2008/06/16 ver 1.56

Ver.1.5.6 (855 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.6 対応; 1.87 KB)
Cassava Editor サポート掲示板
CassavaJ
1.5.6 (08/06/15)
1行目を固定した状態で空のファイルを開くとエラーとなる問題を修正。
「上書き保存時にバックアップ」に「保存完了時に削除する」オプションを追加。
既存の Cassava.ini を読み込んだときはオフ(今まで通りの挙動)になります。
新規インストール時はデフォルトでオンになります。
巨大なファイルを保存する時のメモリ使用量を軽減。
マクロ

2008/05/10 ver 1.55

Ver.1.5.5 (854 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.5 対応; 1.87 KB)
CassavaJ
次版開発ページ
1.5.5 (08/05/10)
マクロの SelLeft、SelTop、SelRight、SelBottom への代入操作の挙動を修正。
「SelLeft < SelTop」「SelRight < SelBottom」という制約が成り立たなくなる場合、
値の交換ではなく1行/1列のみの選択とすることで、
4 変数を順に代入した場合に必ず指定範囲が選択されるようにした。

2008/04/06 ver 1.54

Ver.1.5.4 (854 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.4 対応; 1.87 KB)
次版開発ページ
1.5.4 (08/04/05)
「ファイルを新しいウィンドウで開く」設定にしている場合、複数のファイルを一度に開けるようにした。
エクスポート時の出力文字コードをエクスポートマクロ内で変更できるようにした。
エクスポート完了時に、メニューのチェック状態を元に戻すようにした。
空のファイルを開いた場合の [EOF] マーカーの表示位置を調整。

2008/02/03 ver 1.53

Ver.1.5.3 (853 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.3 対応; 1.87 KB)
1.5.3 (08/02/03)
「Ctrl+↓」キーで編集中セルを保持したままスクロールするように修正。
ファイルを開いたときに列ヘッダに番号が表示されない問題を修正。
データがセルをはみ出す場合に列と列の境界線が消える問題を回避。
エクスポート時の出力文字コードを「セーブ時文字コード」の設定にあわせるように変更。

2008/01/13 ver 1.52

Ver.1.5.2 (853 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.2 対応; 1.87 KB)
表計算やマクロ機能を備えるCSVエディター「Cassava Editor」(窓の杜)
1.5.2 (08/01/12)
4行未満・4列未満のファイルを開いたときに行・列が増えるバグを修正。
起動時・新規作成時のテーブルサイズを1行1列に変更(ダミーセルは4行4列で表示)。
Shift_JIS以外での保存時に半角カナが全角に変換される問題を修正。
NULL文字(\x00)をスペースに置換することで、NULL文字以降のデータを読み込めるようにした。
保存時にはNULL文字は保存されず、スペースになってしまうので注意。
巨大なファイルの読み込みは時間がかかってしまうかも・・
検索ダイアログに「大文字と小文字を区別」オプションを追加。
? 1.4.6 (07/12/24)
Cassava Editor ? Since 2000/09/21........
Copyright (C) 2000-2008 asukaze, Some Rights Reserved.

2007/12/24 ver 1.51

Ver.1.5.1 (853 KB)
Ver.1.4.6 (736 KB)
メニュー英語化データ (Ver.1.5.1 対応; 1.87 KB)
CassavaJ
1.5.1 (07/12/24)
アンドゥ直後に別のファイルを開いて編集すると落ちるバグを修正
複数行(列)の挿入(削除)後にアンドゥしても1行しか元に戻らないバグを修正
「行数・列数の減少を防止する」が有効の場合も、
アンドゥ実行時に行数・列数が減少する場合があるバグを修正
ダミーセルへの書き込みで表サイズが拡張された場合、
アンドゥしても表サイズは元に戻りません。
当面これは制限事項とさせてください。
32767行(列)を超えるデータがソートできないバグを修正
1.4.6 (07/12/24)
アンドゥ直後に別のファイルを開いて編集すると落ちるバグを修正

2007/12/08 ver 1.50

CSVファイルを手軽に作成・編集するフリーソフトです。
テキストエディタと同じような感覚で表形式のデータを編集できます。
編集作業に必要なさまざまな機能を備えています。
Ver.1.5.0 (852 KB)
Ver.1.4.5 (736 KB)
1.5.0 (07/12/08)
「セル内計算式を処理」を追加。
「=」記号で始まるセルの内容をCassavaマクロの式とみなし、計算結果を表示。
右から4番目の「=f(x)」ボタン、もしくは [表示]-[セル内計算式を処理] で有効になります。
サンプルとして「家計簿.csv」「Calendar.cms」を同梱。
マクロの機能追加・仕様変更
マクロの組み込み関数で len()、pos() が全角を1文字として扱うように仕様変更。
マクロの組み込み関数として
sum(l,t,r,b)、avr(l,t,r,b)、int()、double()、str()、lenB()、posB()
を追加。
マクロからは改行が"\r\n"ではなく"\n"に見えるようにした。
関数名の前に「::」をつけることで ユーザー関数ではなく組み込み関数を明示的に指定できるようにした。
何もつけなければユーザー関数が優先的に解決される。
マクロ実行時に一時ファイルを作らず、メモリ内で実行するようにした。
(省略されました)