Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル CopyTo Synchronizer Free
URL http://www.ne.jp/asahi/cool/kish/download-j.htm
バージョン 3.31   3.10   3.04   3.03   2.75  
更新日 2010/11/17
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 プレビュー表示、圧縮、履歴保存、複数フォルダにも対応したフォルダ同期、バックアップ、比較ツール。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2010/11/17 ver 3.31

Free
Windows 98/Me/NT4.0/2000/XP/Vista/7  ライセンス:
フリーウエア
New!
 ダウンロード CPTO331.exe (自己解凍セットアップファイル)
v3.31 (2010.10.01)
CopyTo Synchronizerはフリーウエアとして公開されました。機能制限はありません。
v3.30 (2010.06.06)
Windows 7に正式対応しました。
64bit版Windows 7のシェル拡張(コンテキストメニュー)にも対応しました。
Windows 7でタスクバーのプログレスバー表示に対応しました。
※「タスクコントローラー」はVista以降のOSでその互換性を維持できないため、インストールされないように変更しました。
v3.10 (2007.04.15)
実行には管理者権限が必要となる。Windows

2008/07/13 ver 3.10

ダウンロード
 プレビュー表示、圧縮、世代管理バックアップ、複数フォルダにも対応したフォルダ同期、バックアップ、比較ツール
Windows 98/Me/NT4.0/2000/XP/Vista  ライセンス:
Ver 3.10 2007.04.15
Ver 3.10のダウンロード(CPTO310J.EXE 自己解凍セットアップファイル)
Windows Vistaに正式対応。「タスクコントローラ」は以下の制限があります。
登録済みタスクに対してスケジュールの新規作成ができない。スケジュールはWindowsの機能で設定して下さい([コントロールパネル]-[管理ツール]-[タスクスケジューラ])
実行には管理者権限が必要となる。※Windows
Vista でアプリケーションを管理者として実行する方法はこちらを参考にして下さい。
置換マクロにてボリュームラベルによるドライブ文字の指定を可能とした
(例、%LABEL=XXXX% XXXXはボリュームラベル名)
処理対象フォルダの指定で置換マクロをソースでも有効とした
ファイル処理時に表示されるアニメーションを廃止した
バージョン2からのバージョンアップについて
バージョン3はバージョン2のライセンスを使用することができません。また、バージョンアップ料金は用意されていません。
バージョン3以降、プロジェクトファイル(.CP2)の内部形式が変更となりました。開くときに自動で変換しますが、[他プログラムの起動]の指定内容が正しく読み込めません。お手数ですが再度指定の上、もう一度保存して下さい。
Ver 3.08 2006.03.25
ソースファイルが暗号化属性のとき、ターゲットが暗号化をサポートしないドライブでもコピーされるように修正した。
[プロジェクトプロパティ]-[全般]の[その他]に「コピー後、ファイルの暗号化属性をオフにする」オプションを追加した。
(省略されました)

2005/04/26 ver 3.04

| その他の登録方法について
|
|
窓の杜 紹介記事
New! Ver 3.04のダウンロード(CPTO304J.EXE 自己解凍セットアップファイル)
Ver 3.04(2005.04.25)での変更点
[複数ファイルとフォルダの設定]画面:ターゲット自動設定機能とパス名の一括置換機能を追加。
[メイン]-[全般]タブ-[詳細]画面にてプロジェクト実行履歴の保存数を設定可能とした。
プロジェクトの実行履歴プロパティから該当するログファイルを開くことを可能とした。
プロジェクトプロパティでZIP圧縮を指定したときパスワードを設定可能とした。
UNCパス指定でプロジェクトファイルを開いたときエラーが発生した問題を修正。

2005/04/04 ver 3.03

バージョンアップ申込フォーム
| サポート(問い合わせなど)
| 登録メールアドレスの変更
|
シェアレジで登録
ベクター新着ソフトレビュー
プレビュー表示、圧縮、世代管理バックアップ、複数フォルダにも対応したフォルダ同期、バックアップ、比較ツール
CopyTo Synchronizer
V3
Windows 98/Me/NT4.0/2000/XP  ライセンス:
New! Ver 3.03のダウンロード(CPTO303J.EXE 自己解凍セットアップファイル)
Ver 3.03(2005.03.30)での変更点
[プロジェクトプロパティ]-[全般]の[その他]に「ファイル単位にコピー進捗状況を表示する」するかどうかのオプションを追加した。
Windows2000/XPの制限ユーザーでインストールしたときの問題を修正。
Ver 3.02(2005.03.18)での変更点
世代管理バックアップを指定し、ターゲットに圧縮ファイルを指定したとき、ZIP圧縮ファイルで既存ファイルの名前変更に失敗していた問題を修正した。
プレビューウインドウで削除ファイルの背景色を設定可能とした。その色はHTML形式ログファイルの背景色としても使われる。
プロジェクトプロパティ-全般の「処理終了後にログを表示する」オプションを「エラーが発生したとき、処理終了後にログを表示する」に変更した。
Ver 3.01(2005.03.16)での変更点
(省略されました)

2004/05/06 ver 2.75

差分がありません