Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > ネットワーク > telnet/ssh ]

Pc   PuTTY ごった煮版

詳細情報

タイトル PuTTY ごった煮版
URL http://yebisuya.dip.jp/Software/
バージョン 0.60 2007-08-06   0.58(2005-05-20)   0.58(2005-05-09)   0.57(2005-02-21)   0.56(2005-01-07)  
更新日 2008/08/01
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 PuTTYにISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチや、INIファイル対応にするパッチなど、いろいろなパッチを当てたもの。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2008/08/01 ver 0.60 2007-08-06

PuTTY ごった煮版
当時のhdkさんやAritaさんのパッチがbeta 0.53b用だったためこのパッチを作成したのですが、その後hdkさんが0.55対応したパッチを公開され、それ以降も随時本家PuTTYリリースにあわせてリリースされていますので、このパッチの役目は終わりましたが、折角なので公開は続けます。
最新版
PuTTY 0.60 ごった煮版 2007年8月6日版
先日リリースしたごった煮版7月25日版ですが、特定の条件でWindowsの保護違反で落ちることが判明しました。その他にもいくつか発見された不具合を修正したものをリリースします。
インストーラー
Zipアーカイブ
変更点、その他
PuTTY ごった煮版 関連の記事
便利な機能を追加するパッチを公開してくださったAritaさんに感謝します。

2005/05/20 ver 0.58(2005-05-20)

PuTTY β 0.58 ごった煮版 [2005/5/20]
PuTTY に対する背景透過パッチPuTTY JP XTransをマージしました。
2005-05-20
PuTTY に対する背景透過パッチPuTTY JP XTransをマージ。
pfwdで部分的に日本語化できていない箇所があったので修正。
追加した機能の設定画面用日本語化エントリがマージミスにより消えてしまっていたので復活。

2005/05/10 ver 0.58(2005-05-09)

PuTTY β 0.58 ごった煮版 [2005/5/9]
PuTTYのSubversionリポジトリからbeta-0-58をリビジョンに指定して取得したソースに対して「PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ」を手動で適用し、コンパイルが通るように修正。
※この設定をONにしているウィンドウだけが切り替え対象となります。
PuTTYのSubversionのリポジトリ(svn://ixion.tartarus.org/main/putty-0.58)をチェックアウト、もしくはPuTTYのダウンロードページからbeta 0.58のソースを取得して展開します。
> svn co svn://ixion.tartarus.org/main/putty-0.58
beta 0.58のソースを取得
> wget http://the.earth.li/~sgtatham/putty/latest/putty-0.58.tar.gz
> tar zxf putty-0.58.tar.gz
アーカイブからputty-0-58-JP_Y.patchとputtyd.icoを展開し、PuTTYのソースを展開したディレクトリにコピーします。
putty-0-58-JP_Y.patchパッチを適用します。
2005-05-09
hdkさんの0.58用パッチをマージ。
加藤さんのパッチからputty.lngの一部をマージ。
2005-04-30
フォントにTerminalを指定していると日本語文字が表示されていなかった件を修正。
2005-04-22
ベースを0.58に変更。
Ctrl+TABでの切り替えを有効にするチェックボックスをウィンドウ/振る舞いに移動。
本家に取り込まれたと思われるパッチを除去。

2005/02/21 ver 0.57(2005-02-21)

PuTTY β 0.57 ごった煮版 [2005/2/21]
PuTTYのSubversionリポジトリからbeta-0-57をリビジョンに指定して取得したソースに対して「PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ」を適用。
PuTTYのSubversionのリポジトリ(svn://ixion.tartarus.org/main/putty-0.57)をチェックアウト、もしくはPuTTYのダウンロードページからbeta 0.57のソースを取得して展開します。
> svn co svn://ixion.tartarus.org/main/putty-0.57
beta 0.57のソースを取得
> wget http://the.earth.li/~sgtatham/putty/latest/putty-0.57.tar.gz
> tar zxf putty-0.57.tar.gz
アーカイブからputty-0-57-JP_Y.patchとputtyd.icoを展開し、PuTTYのソースを展開したディレクトリにコピーします。
putty-0-57-JP_Y.patchパッチを適用します。
2005-02-21
ベースをセキュリティーホールへの対応が入った0.57に変更。

2005/01/18 ver 0.56(2005-01-07)

差分がありません