Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル SubFolder
URL http://home.att.ne.jp/delta/hrymkt/
バージョン 1.212   1.210   1.200   1.140   1.130   1.122   1.120   1.110   1.100   1.024   1.023  
更新日 2016/02/09
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 フォルダにメニュー形式でクイックアクセス。SbFolderの常駐版。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2009/09/05 ver 1.212

2009 09/05
 [ 07 / 24 の一言 ] 
05 / 14 から
  Windows 7
確認環境が出来ました。 Vista のページ に Windows 7
対応について書いています。
 [ 08 / 20 の一言 ] 
   GetWinTx の
コマンドラインに 実行待ち時間指定
オプションを組み込みました。
立ち上げを色々出来る方にはおもしろい使用法が出来るかもしれません。
 
  09/05 「SubFolder 1.212」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
SubFoldJO.exe Ver 1.314 09/05 '09 )
  09/02 「SbFolder 2.512」 (DownLoad 28 KB ) < 詳細説明 >
  08/27 「LHAComp 2.102」 (DownLoad 31 KB ) < 詳細説明 >
 
   いわゆる圧縮解凍ソフトですが
圧縮の方に重点を置いています。( 特に定型圧縮
(省略されました)

2009/07/21 ver 1.210

2009.07/21
 [ 07 / 04 の一言 ] 
   本日の ClipName で
以前から 割と懸案であった
複数選択時の区切り記号を Tab 又は , ( カンマ )
を指定
  出来るキーオプション
を付加しました。又 此に対するコマンドライン
B V も新設しました。
  07/21 「SubFolder 1.210」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
SubFoldJO.exe Ver 1.312 07/21 '09 )
  07/15 「SbFolder 2.511」 (DownLoad 28 KB ) < 詳細説明 >
  07/04 「ClipName 3.2004」 (DownLoad 33 KB ) < 詳細説明 ( Win 95 98 Me の 汎用プログラム 有 )
     右クリック
送るから名前だけ( or パス + &alpha )
を一発でコピー。+関連機能。
  06/22 「WMFCopy 1.052」 (DownLoad 11 KB) < 詳細説明 >
     *.WMF ←→ *.EMF の変換
クリップボード←→
(省略されました)

2009/05/24 ver 1.200

2009.05/24
Windows 2000 / XP で細かい動作確認をしています。(
以前には Win 95 98 でも
出来たのですが現在は 95 は X です。又
大まかには 98 Vista でも動作確認済みです。)
 [ 05 / 16 の一言 ] 
   本日の ClipName
より 表の物は Windows NT 系 ( NT4.0 2000 XP Vista NT )
にしてあります。
  Windows 95 98 ME
環境の方は 各ページにある For All Windows
を別途ダウンロードして上書き
して使用して下さい。
  (
あまり意味は有りませんが All Windows
用はもちろん NT4.0 2000 XP Vista でも動きます。)
  [ 05 / 20
の追記 ]
   本日の ClipSaver
(省略されました)

2008/11/04 ver 1.140

2008.11/04
 [ 09 / 20 の一言 ] 
 本日 Top_Most と言う
指定 Window を最前面ウィンドウにする
プログラムを アップしました。
 CabFixer や SetDetail を
常駐させている方は同様な機能が有るので特に時に必要が無いと思い
 ますが
コマンドラインからも指定も出来るので他での使用が出来るかもしれません。
 笑えるぐらい小さなソフトです。(
どんどん
プログラム規模が小さくなって来ました。)
26 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  11/04 「SubFolder 1.140」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
をメニューを追う事で 6
  11/01 「SbFolder 2.474」 (DownLoad 26 KB ) < 詳細説明 >
   全てのフォルダー / ファイル
をメニューを追う事で 6
個まで同時に開く事が出来ます。
(省略されました)

2007/12/23 ver 1.130

2007.12/23
 [ 12 / 23 の
  あまりしたくない事だったのですが
SubFolder の機能の一部を Win Vista 環境で
振り変える事で SubFolder を
  Vista 対応としました。本来は使える様にするのが筋なのでしょうが
何かはっきり解りませんでした。
 
 [ 12 / 02 より ] Windows
Vista
のページを書き出しました。[ 12 / 23 更新 ]
  やっと Windows Vista
の動作検証環境がスタートしました。
24 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  12/23 「SubFolder 1.130」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
  12/21 「ClipName 3.060」 (DownLoad 31 KB ) < 詳細説明 (Win NT 2K XP 専用プログラム有)>
     右クリック
送るから名前だけ( or パス + &alpha )
を一発でコピー。+関連機能。
(省略されました)

2007/11/13 ver 1.122

2007.11/13
 [ 10 / 20 の
一言 ]  
  ClipName の Date Time
の仕様を 作成日時 更新日時
を柔軟に変えられる様に変えました。
  此のあたりの事情は
[
テクニカル インフォメーション ] の *ClipName.DLL
の Date Time について に
  書きました。他にも応用のきく使用法も有るのではないでしょうか。
 
  11/13 「SubFolder 1.122」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
  11/10 「SbFolder 2.454」 (DownLoad 26 KB ) < 詳細説明 >
   全てのフォルダー / ファイル
をメニューを追う事で 5
個まで同時に開く事が出来ます。
  10/30 「ClipSaver 3.133」 (DownLoad 61 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用
DLL 有 ) >
(省略されました)

2007/06/10 ver 1.120

2007.06/10
 [ 06 / 03
  SbFolder SubFolder の メニュー作成用の
各フォルダー
ファイル名への取得メモリーへのポインター配列の
 バッファはその都度取得するのではなく
配列への数が変わらない限り保存するする事にしてメニューを作成する
 時の無駄を少なくしました。此に伴い
何回も繰り返す時 常駐している SubFolder は非常に無駄が少なくなり
 最初の立ち上げ
若しくは
画面の解像度が変わった時の最初以外はメニューの上下に並べる高さが常に正確に
 なりました。
 [ 一言 ]  
  Windows Vista の動作検証環境が無いので
Vista での動作は ??? です。
23 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  06/10 「SubFolder 1.120」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
です。)
(省略されました)

2006/01/22 ver 1.110

2006.01/22
 [ 01 / 22
   此処にある幾つかのプログラムは
その関連ファイルを各ユーザーのアプリケーションデータパスに
 
置く物が有ります。Win NT 2000 XP
ではそれはそれで良いのですが 当然 Win 95 98
等では
  此は一つで C:\Windows\Apprication
Dataです。此だと
関連ファイルは当然一つしか持てません。
  ただ Win 95 98
でもユーザー設定はあまり変わらないのですがログインすればユーザーは
変える事が出来ます。そんな時でも関連ファイルは
Win 95 98 では一つしか持てません。
 その様な事を考えると関連ファイルの場所は常にインストールフォルダーで
名前にユーザー名を
入れてユーザー毎の関連ファイルの区別をした方が良いのではないかと思い出しました。
   又
(省略されました)

2005/12/13 ver 1.100

2005.12/13
 [ 12 / 11
の一言 ]  
   此処にある
プログラムの中で一番の頻度で立ち上げる物は何かと考えた時に
マウスのサイドボタンに
  割り当てている
TaskMuEx だろうと思います。常に
下のの物を上にと使用しています。そんな事で
  SbFolder と SubFolder
の関係の様に もう
此の機能は常駐させてしまった方が良いのだろうと
 
思う様になりました。常駐させるのは TaskSwch
が有るのですが 最初の仕様の設計が悪かった
 
せいかもう一つ機能が低く気に入らなくて常用していませんでした。今回
初めから 此の辺りの
  仕様を整理して
(省略されました)

2005/12/04 ver 1.024

2005.12/04
 [ 12 / 04
   11 / 04 から
最初に Call される 関数を変えて
リンク方法を変える事で Call される
  関数が一つ減り
物によっては API Call
も減り又自分に有利な事前処理を施す事が出来る
  コードの変更も
本日の ScrnOff
で一回りして一段落しました。まだ
もう少し詰められる
物も有るような気がしますが 11/04
以前の物をご使用になっている方は新しい物に変える
事をお奨めします。
 [ 12 / 04
の緊急的な二言目 ]  
   11/24 の
SbFolder Ver 2.392 11/21
(省略されました)

2005/12/02 ver 1.023

2005.12/02
  12/02 「SubFolder 1.023」 (DownLoad 25 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + α
  12/01 「ClipName 3.021」 (DownLoad 28 KB ) < 詳細説明 >
     右クリック
送るから名前だけ( or パス + &alpha )
を一発でコピー。+関連機能。
  11/30 「DeletFol 1.200」 ( DownLoad 5 KB ) < 詳細説明 >
 
   フォルダーウィンドウの右クリックメニューに
削除を追加します。
  11/26 「LHAComp 2.060」 (DownLoad 30 KB ) < 詳細説明 >
 
   いわゆる圧縮解凍ソフトですが
圧縮の方に重点を置いています。( 特に定型圧縮
)
  11/25 「FileNOer 2.240」 (DownLoad 34 KB ) < 詳細説明 >
 
   ファイルに連番をつけて コピー 移動
名前変更 を行います。拡張子も変えられます。
(省略されました)