Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > ネットワーク > telnet/ssh ]

Pc   ICE IV + putty

詳細情報

タイトル ICE IV + putty
URL http://ice.hotmint.com/putty/
バージョン 20170711   20170430   20170221   20160306   20151109   20151108   20150816   20150726   20150228   20150109   20141118  
更新日 2017/07/11
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 PuTTY にクリッカブル URL など様々なパッチを適用したもの。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2017/07/11 ver 20170711

2017/07/11
の 0.70 よりも新しい開発版をベースとして、
2017/07/11 版
putty-gdi-20170711.zip
2017/07/11 修正内容
0.70 リリースに追随。DLL ハイジャック対策と細かなバグフィックスのようです。

2017/04/30 ver 20170430

2017/04/30
の 0.69 よりも新しい開発版をベースとして、
2017/04/30 版
putty-gdi-20170430.zip
2017/04/30 修正内容
0.69 リリースに追随。DLL ハイジャック対策、Kerberos とジャンプリスト関係の修正が入ったようです。

2017/02/22 ver 20170221

の 0.68 よりも新しい開発版をベースとして、
2017/02/21 版
putty-gdi-20170221.zip
2017/02/21 修正内容
0.68 リリースに追随。楕円曲線暗号や x64 バージョンの正式な提供、セキュリティフィックスや強化が含まれます。Host key のアルゴリズムに選択と優先順位を設定できるようになりました。暗号化アルゴリズムとして ChaCha20 に対応しました。
ごった煮由来の pfwd と plinkw ですが、コンパイルを通しただけで起動チェックすらしない状態が続いていました。おそらくまともに動作していないと思いますので、ひとまず削除します。検索してみたところ、過去のバージョン、たとえば
putty-gdi-20120211.zip
頃には動作していたようです。セキュリティ等トレードオフになるためお勧めしにくいですが、必要な方はそちらをご利用ください。
ひとまずセキュリティ関係のため追随しましたが、全体的に動作チェックが不完全です。ソースコードを触るのは一年ぶりで、todo list も失われてしまい、一からやりなおしに近い状態です。pfwd/plink の他、日本語化や表示上の問題、最近の Windows 環境への対応、機能追加など、どうにかしたいものが積み上がっています……。

2016/03/07 ver 20160306

2016/03/06
の 0.67 よりも新しい開発版をベースとして、
2016/03/06 版
putty-gdi-20160306.zip
2016/03/06 修正内容
0.67 リリースに追随。セキュリティホール(vuln-pscp-sink-sscanf)が修正されたようです。
コンパイル環境を VisualStudio2015 に変更。副作用もあると思いますが、オリジナルが既に旧世代コンパイルには対応しないようですので。

2015/11/09 ver 20151109

2015/11/09
2015/11/09 版
putty-gdi-20151109.zip
2015/11/09 修正内容
設定の読み込み時にクラッシュすることがあった。

2015/11/08 ver 20151108

2015/11/08
の 0.66 よりも新しい開発版をベースとして、
2015/11/08 版
putty-gdi-20151108.zip
2015/11/08 修正内容
0.66 リリースに追随。セキュリティホールが修正されたようです。

2015/08/17 ver 20150816

2015/08/16
2015/08/16 版
putty-gdi-20150816.zip
2015/08/16 修正内容
開発元の最新の更新に追随。Windows 10 での動作の改善などが入っているようです。
2015/02/28 修正内容
セキュリティフィックスを含む 0.64 がリリースされたため、追随。なおこちらが元にしたコードは 0.64 よりも新しいものになります。
2015/01/09 修正内容
開発元の最新の更新に追随。細かなバグフィックスがいろいろあったようです。
2014/11/18 修正内容
設定ウィンドウなどのサイズや文字コードが不適切だった
2014/11/17 修正内容
開発元が svn から git へ移行したことに伴い、その master branch に追随しました。
現在 pre-0.64 branch で 0.64 release の作業が進んでいますが、master branch はより最近の変更(たとえば ECDSA/ECDH 対応など)を含みます。
これにより openssl/openssh 由来の対応コードは削除し、開発元の独自実装による ECDSA/ECDH に対応しています(短い命だった……)。現状どちらのコードに信頼性/安定性がある/あったかは何とも言えない状態です。旧コードで生成した鍵はそのまま使えます。ただし保存したホスト鍵 (openssh の known_hosts 相当) のフォーマットに互換性が無かったため、初回のログイン時に警告が出るかもしれません。
その他、細かい bug fix などをいろいろ含むようです。
0.63 から最新までの変更点のうち、画面表示のタイミングのみ 0.63 相当に巻き戻しています。(最新版では、たとえば大きなファイルを cat すると、描画がスクロールしていくのではなく、しばらく固まったのち最終状態のみ表示してしまうので。そのほうがいいという方もいると思うので、将来的に選択できるようにしたい)
この機会に付属ツール類について、あらためて。実行ファイルが生成できる程度にはベースの変更に追随していますが、動作を充分には確認していません。以下、オリジナルとの差異になりますが、
pscp : オリジナルそのまま
(省略されました)

2015/07/26 ver 20150726

2015/07/26
の 0.65 よりも新しい開発版をベースとして、
2015/07/26 版
putty-gdi-20150726.zip
2015/07/26 修正内容
バグフィックスを含む 0.65 がリリースされたため、追随。なお元にしたコードは 0.65 そのものではなく、より新しい機能を含む開発版のブランチになります。
開発版での変更として、ED25519 や OpenSSH の新フォーマット鍵ファイルへの対応があります。
ごった煮版 pageant には passphrase を設定に保存する機能が含まれていましたが、以前から注意を喚起しているように、実装的に見ても危険なように思います。昨今の状況を鑑み、安全な実装に代替されるまで機能を削除することにしました。

2015/02/28 ver 20150228

2015/02/28
の 0.64 よりも新しい開発版をベースとして、
2015/02/28 版
putty-gdi-20150228.zip
2015/02/28 修正内容
セキュリティフィックスを含む 0.64 がリリースされたため、追随。なおこちらが元にしたコードは 0.64 よりも新しいものになります。

2015/01/09 ver 20150109

2015/01/09
2015/01/09 版
putty-gdi-20150109.zip
2015/01/09 修正内容
開発元の最新の更新に追随。細かなバグフィックスがいろいろあったようです。

2014/11/18 ver 20141118

2014/11/18
2014/11/18 版
putty-gdi-20141118.zip
2014/11/18 修正内容
設定ウィンドウなどのサイズや文字コードが不適切だった