Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > ネットワーク > telnet/ssh ]

Pc   [削除済み] VaraTerm

詳細情報

タイトル VaraTerm
URL http://www.routrek.co.jp/product/varaterm/
バージョン 2.1.2   2.1.1   2.1.0   2.0.1   1.5   1.4.1  
更新日 2004/11/25
追加日 2013/08/17
種別 シェアウェア(3000円)
説明 タブ式のウィンドウを持つターミナルエミュレータ。SSH2対応。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2004/11/25 ver 2.1.2

VaraTerm Version 2.1.2
(2004/11/25 リリース)
* 変更履歴は、こちらを参照してください。
* .NET FrameworkはWindows Update、あるいはマイクロソフトのページからダウンロードすることができます。「再頒布モジュール」をダウンロードしてください。

2004/11/25 ver 2.1.1

VaraTerm Version 2.1.1
(2004/11/24 リリース)
1,378 KB (SSLを使ったダウンロードフォームへ移動します)
VaraTerm関連リンク
VaraTermを使おう [fwtecさん提供] NEW!
VaraTermでのSSH鍵の作成&設定方法と自動ログインマクロについて、わかりやすく説明されています。

2004/06/03 ver 2.1.0

同時に複数の接続を開いて作業を行う際に便利です。また画面を分割してそれぞれに別のタブを割り当て、2つの接続を同時に見ることもできます。また、バージョン2.1より3分割画面にも対応しました。
Telnet,SSH1,SSH2はもちろん、シリアルポート接続およびローカルのCygwinシェルやMicrosoft Windows Service for UNIXシェルのホストもサポートしています。
バージョン2.0から有償(\3000または$30)になりました。ただし特定の条件に当てはまる方は無償で使えますのでライセンスの条項をご覧ください。
VaraTerm Version 2.1.0
(2004/06/03 リリース)
850KB (SSLを使ったダウンロードフォームへ移動します)
* .NET FrameworkはWindows Update、あるいはマイクロソフトのページからダウンロードすることができます。「再頒布モジュール」をダウンロードしてください。
VaraTerm無償ライセンスをご希望の方は、実際にそのプロジェクトに関わっていることがわかる情報(プロジェクトのURLなど)を書き添えて varaterm@routrek.co.jp までお申し込みください。
この無償ライセンス制度は、オープンソース活動に時間と能力を割いている人たちに少しでもフィードバックをしようという私たちの意思によって用意されたものです。実際に活動をしていることを弊社で確認した上でVaraTermのライセンスを発行いたします。
1ユーザあたり3,150円(内消費税150円)です。

2004/02/29 ver 2.0.1

English
サイトマップ
タブ式GUI・SSH2サポートのWindows用高機能ターミナルエミュレータ
 同種のWindows用ターミナルエミュレータとしてはたとえばTeraTerm, Puttyが有名ですが、VaraTermは主に次のような特徴があります。
タブ式のGUI
同時に複数の接続を開いて作業を行う際に便利です。また画面を分割してそれぞれに別のタブを割り当て、2つの接続を同時に見ることもできます。
多様な接続方法
Telnet,SSH1,SSH2はもちろん、シリアルポート接続およびローカルのCygwinシェルのホストもサポートしています。
エスケープシーケンス
VT100とxtermのエスケープシーケンスのほとんどをサポートし、罫線等の表示やUTF-8エンコーディングも対応しています。
充実のオプションとツール
SSH2ポートフォワーディングツール、SSH鍵作成ウィザード、SOCKSサポート, IPv6サポート、ログファイル名自動付加をはじめ、ターミナルの作業を楽にする多くの機能が搭載されています。
マクロ
ライセンス
今バージョンから有償(\3000または$30)になりました。ただし特定の条件に当てはまる方は無償で使えますのでライセンスの条項を見てください。
SSHの実装部分は公開
【スクリーンショット】(画面は英語ですが、アプリケーションは日本語・英語の両方が使えます)
タブインタフェースなので複数の接続を行き来するのに便利です。
ウィンドウを分割できます。上にmakeの結果を出しつつ下でviでファイルを編集したりといった使い方ができます。
(省略されました)

2003/10/02 ver 1.5

差分がありません

2003/09/03 ver 1.4.1

差分がありません