Apple、A13チップとニューラルエンジンを搭載した外付けディスプレイをテスト中

Pro display xdr works with ipad pro

9to5Macは本日、独占情報として、AppleがA13チップとニューラルエンジンを搭載した新しい外付けディスプレイを内部でテストしていると報じています。

新しいディスプレイのコードネームは「J327」で、Apple製のSoC「A13 Bionic」が搭載されているとのこと。また機械学習タスクをサポートするニューラルエンジンも搭載されていて、現行の「Pro Display XDR」に変わる新モデルになる可能性が高い模様です。

外付けディスプレイにCPU/GPUを内蔵させることで、Macの内蔵チップのリソースを全て使わずに高解像度のグラフィックスを実現することができ、また、ディスプレイ用のSoCとMac用のSoCを組み合わせることで、高度なグラフィック処理を行う際のパフォーマンスを向上させることも可能になるそうです。

Appleの「Thunderbolt Display」が製造中止になった直後、内蔵GPUを搭載した外付けディスプレイが開発されているとの噂が流れましたが、Pro Display XDRにはGPUは搭載されていませんでした。今度こそ高機能な外付けディスプレイが実現するのでしょうか。