Apple、「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」をひっそりと延長

S 20211014 113337

Appleが現在実施している「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を1年間延長したことがわかりました(AppleInsider)。

この問題は、2020年10月より前に製造された AirPods Proで発生する可能性があり、対象となるAirPods Proでは、パチパチという異音が発生したり、アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しないという症状が発生します。

Appleはこの修理プログラムを昨年10月に発表し、対象となるAirPods Proの無償修理サービスを実施していました。当初は「対象となるAirPods Pro に対し、その最初の小売販売日から 2 年間適用されます」となっていた文言が「対象となるAirPods Pro に対し、その最初の小売販売日から 3 年間適用されます」にひそかに変更されており、1年間延長されたとのことです。

修理プログラムの詳細は公式サイトで確認可能です。