Apple Watch Series 7に血糖値測定機能搭載される?コンセプトも

Web 1920 4 3x

ETNewsは本日、Apple Watch Series 7に光センサーを利用した血糖値のモニタリング機能が搭載される可能性があると報じています(MacRumors)。

記事によると、Appleは非侵襲的な光学センサーを使用して、次期Apple Watch Series 7に血糖値モニタリングを導入する意向があるとのこと。血糖値の測定は、糖尿病などの状態を管理するために不可欠ですが、通常、血糖値を測定するには、血糖計で血液を検査するか、埋め込み式の連続血糖モニター(CGM)を使用する必要があります。手軽に利用できるApple Watchで血糖値を確認できれば、健康状態の認識を高め、食生活の改善に役立つ事が期待されます。

Appleは血糖値モニターに関する特許を取得済みで、現在は「実用化に向けて信頼性と安定性の確保に注力している」段階とのこと。Apple Watchに血糖値のモニタリング機能が追加されるのではないかという噂は以前からあり、Appleのティム・クックCEOがApple Watchに接続されたプロトタイプの血糖値モニターをテストしている姿が目撃されたこともあるそうです。

Apple Watchには血中酸素濃度測定機能や、心電図機能など健康関連の機能が追加されており、血糖値測定機能が追加される可能性も大いにありそうです。また9to5Macにはこの機能がどのように動作するのかを具現化したコンセプト画像も公開されています。

スポンサーリンク