【要注意】USB 3.0機器をゆっくり差しすぎてはいけない

Pexels photo 4675007

外付けストレージなどのUSB 3.0対応機器をコネクターにゆっくり差すとUSB 2.0機器と認識され、すばやく差すとUSB 3.0として認識されるという情報が話題となっています(ねとらぼ)。

ありそうもない話ですが、ねとらぼがバッファローに問い合わせたところUSB 3.0の正式な仕様とのこと。

USB 3.0のType-Aコネクタは互換性を保つためにUSB 2.0コネクターの根元に3.0用の端子を追加したものとなっており、ゆっくり差した場合、根元に入る前にUSB 2.0互換端子によってUSB 2.0デバイスとして認識されてしまうことがあるそうです。

「ゆっくり」の具体的な時間は不明ですが、USB 3.0対応機器の速度が想定外に遅くなっている場合、抜き差しの速度を再度チェックしてみることを覚えておいても良いかもしれません。