iOS 11 beta 2で見つかった変更点の数々

S 2017 06 22 15 06 03

Appleは本日、iOS 11の最新ベータである「iOS 11 beta 2」をリリースしました。

iOS 11 beta 2は、iOS 11の初期のベータ版ということで、多くの不具合の修正が行われているのに加え、beta 1にはなかった新機能がいくつか追加されているようです。この変更点のリストがおなじみMacRumorsによって動画としてまとめられています。

iOS 11 beta 2の主な変更点を文章としてリストアップすると以下の通りです。

Dock - Show Recents: 設定画面の「一般 > マルチタスク」にiPadのDockで最近使用したアプリの表示を制御する「Show Recents」オプションが追加された。

Do Not Disturb While Driving : 設定アプリに「Do Not Disturb While Driving」オプションが追加された。

ディクテーション: ヒンディー語の聞き取り機能が追加された。

コントロールセンター: アプリ使用中にコントロールセンターがスワイプで表示されるのを無効にするオプションが追加された。Bluetoothボタンの挙動がWi-Fiオプションのように変更され、接続中のデバイスが切断されるようになった。

Safari: Safariの詳細オプションに試験的機能を有効にするためのオプションが追加された。Constant Propertiesや、CSS Spring Animations、WebGPU、Web Animationsなどが含まれる。

Filesアプリ: "Save to Files"という共有シートのオプションが追加された。写真やドキュメント、その他ファイルをFilesアプリに保存することができる。

ロック画面: ホーム画面などでロック画面・通知を表示する際、半透明の新しいアニメーションが追加された。

なお現在、iOS 11 beta 2はApple Developer Program(有料)に登録した開発者に対してだけ公開されている、開発者向けベータとなっています。