Apple、iOS 14を発表 - ホーム画面にウィジェットに対応

S 20200623 95007

Appleは本日、WWDC20でiOSのメジャーバージョンアップ版「iOS 14」を発表しました。ホーム画面ウィジェットや、Picture-in-Picturへの対応など多数の新機能が追加されています。

S 20200623 100654

まず、iOSのウィジェットは完全に刷新され、ホーム画面上に設置可能となり、一目でより多くの情報を確認することができるようになりました。自由にサイズを選択し、好みの位置に設置することが可能で、時間、場所、およびアクティビティに基づいて適切なウィジェットを表示する「Smart Stack」を追加することもできます。

ホーム画面の変更はこれに留まらず、自動的にアプリのアイコンを整理する「App Library」機能も導入されています。App Libraryはユーザーのアプリを1つのビューに自動的に整理し、役立つアプリを表示します。

S 20200623 100731

アプリを必要なときに素早く実行することができる「App Clips」も導入されました。 App Clipは特定の製品またはビジネスに関連付けられており、スクーターのレンタル、コーヒーの購入、パーキングメーターの充填など、特定のタスクを完了するために数秒でアプリを実行することができる仕組みです。

さらにSiriやFaceTime、メッセージアプリの改良、Picture-in-Picturへの対応、翻訳アプリの追加など多数の新機能が追加あされています。

スポンサーリンク