iOS 15 beta 4でレンズフレアを移動的に除去する機能が追加

Ios 15 lens flare
(iOS 15フレアあり)

Appleが今年の秋に公開する予定の次期オペレーティングシステム「iOS 15」では、特定の照明条件で発生するレンズフレアを自動的に除去する機能が追加されている事がわかりました(MacRumors)。

iOS 15 beta 4では、レンズフレアが発生しやすい環境で写真を撮影した場合のiPhoneの画像処理が改善されている可能性があるとのこと。実際に撮影した写真のサンプルがRedditで公開され、人気のiPhoneカメラアプリ「Halide」がTwitterでも紹介しています。

Ios 15 no lens flare
(iOS 15フレアなし)

この機能はAppleが正式に認めている機能ではなく、具体的な処理は不明であるものの、屋内や屋外などiPhoneが撮影シーンを検出するために使用しているシステムが改善され、その情報を使って不要なレンズフレアが補正・除去されている可能性があるようです。

あるRedditユーザーは、iPhone 12 Proで写真を撮影した直後は目立ったレンズフレアが確認できたものの、再度その日のうちに画像を見直すとレンズフレアが自動的に除去されている事に気がついたとコメントしています。

So I've noticed something that I haven't seen reported elsewhere; whilst out and about I took this photo and thought it was ruined/needing to be edited later due to the lens flare (as I've done numerous times in previous photos with the iPhone 12 Pro as it's so prone to lens flares). However, I got home and noticed the lens flare has automatically gone in the original photo despite it being obviously there still in the live photo, meaning the automatic post processing has gotten smart enough to remove lens flares now!

iOS 15は現在開発者やベータテスターを対象としたテスト期間中で、正式版は今年の秋に公開予定です。