iOS 15にアップグレードせずiOS 14のままでセキュリティアップデートを受信する方法

Ios15 update

Appleは本日、iOSのメジャーバージョンアップ版「iOS 15」をリリースしました。iOS 15には、改良されたFaceTime、集中モード、通知の刷新、Live Textなど多数の新機能が搭載されていますが、OSが十分に安定するまで、もうしばらくiOS 14を使い続けたいという方も多いと思います。

幸いAppleはこのようなユーザーを支援するための新しいオプションを準備しています。macOSのようにiOSでも以前のメーバージョンに留まったまま、セキュリティアップデートを受け続けることが可能となり、安全な状態を維持しつつiOS 14を使用し続けることができるようになっているのです。

iOS 15に対応したデバイスデバイスでは、設定アプリに、iOS 14の最新版(存在する場合)のほか、「その他の利用可能なアップデート」として「iOS 15にアップグレード」という二つの選択肢が表示されます。iOS 15へアップグレードしたくない場合、後者の「iOS 15にアップグレード」を選ばないことで、iOS 14のまま使用し続けることができるのです。

なお、9to5Macは、新バージョンがインストールされないことを確実にするため、設定を変更する方法を推奨しています。

これは以下の手順で実行します(iOS 14)。

  • iPhoneやiPadの設定アプリを開く。
  • 「一般 > ソフトウェア・アップデート > 自動アップデート」を選択。
  • 「iOSアップデートをインストール」をオフにする。
Settings

新バージョンの安定をしばらく待ちたい方は設定を確認しておくことをお勧めします。