Apple、来年からiPadの一部のモデルにOLEDディスプレイを採用か

Apple ipad pro spring21 ipad pro magic keyboard 2up 04202021

Appleが来年に発売されるiPadの一部のモデルにOLED(有機EL)ディスプレイを採用する予定であると、韓国のETNewsが報じています(MacRumors)。

レポートは業界関係者からの情報を元にしたもので、Appleが2022年からiPadの一部モデルにLCDの代わりにOLEDディスプレイを採用するとのこと。どのiPadモデルがOLEDに切り替わるのかは明記されていませんが、信頼のできるApple製品のアナリストMing-Chi Kuo氏は、ミドルレンジモデルとなるiPad AirがOLEDディスプレイにアップデートされると予想しています。

Appleは現在、iPhoneの上位機種とApple Watchの全モデルにOLEDディスプレイを採用しています。採用されているOLEDディスプレイはSamsungとLGが供給しており、iPad用のものもこの2社が供給するとされています。

Appleはmini-LEDを採用した12.9インチのiPad Proを発表していて早ければ今年中に、MacBook Proの新モデルでもmini-LEDを際ようすると見込まれています。