Apple、iPad mini 6のゼリースクロールは仕様だと説明

Ipad mini purple

iPad mini 6で報告されていたスクロールの問題、通称「ゼリースクロール」に関し、Appleが不具合ではなく仕様だと説明したことがわかりました(MacRumors)。

「ゼリースクロール」はディスプレイの片方がもう片方よりも早く反応しているように見え、画面が歪んだり揺れたりしているように感じる現象です。

AppleはArs Technicaに対し、ゼリースクロールは液晶ディスプレイの正常な動作であり、画面は一行ごとに更新されるように設計されているため、画面上部のラインと画面下部のラインが更新されるときにわずかな遅れが生じ、結果としてスクロールが不均一になる問題が発生すると説明しています。

多くのユーザーが、iPad mini 6では、iPad Airや同時期に発売された第9世代のiPadなど、同じ液晶ディスプレイを搭載した他のiPadに比べて、ゼリースクロール現象が顕著に現れていると指摘しています。しかし、Appleがこの問題を正常な動作と主張していることから、ゼリースクロールに不満があってもデバイスの交換などは受け付けてもらえない可能性が高いと考えられます。

Appleが将来的に何らかのソフトウェア修正を行う可能性は残されていますが、この問題が気になる場合、実機で動作を確認してから購入したほうが安心かもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる