iPadOS 15の最新ベータでmacOS Monterey風のSafariのタブデザインが導入

Safari redesign ipados 15 beta 4

Appleが本日公開したiPadOS 15 beta 4で、macOS Monterey beta 3で導入された新しいSafariのタブデザインが導入されたことがわかりました(MacRumors)。

これまでiPadOS 15のSafariには専用のタブバーがありませんでしたが、アップデート後は専用のタブバーがデフォルトで有効となっている模様です(上記画像)。

Safari ipados 15 controls

なお、設置アプリの「Safari」内に、タブバーのデザインを切り替えるためのオプションが準備されていて、オリジナルのコンパクトなタブバーを有効にすることができます。

AppleはiOSおよびiPadOS 15でコンパクトで統一されたSafariのデザインを導入しましたが、新しいデザインはユーザーに不評で、Appleはベータテスト中にUIの変更を模索しています。現時点ではiPadOSのSafariはmacOS MontereyのSafariに似たものになっていますが、将来的にはさらなるデザインの調整が行われる可能性があります。