iPadOS 14ではマウスサポートが大幅に改善へ

Trackpad folio keyboard front

9to5Macは独自に入手したiOS 14(iPadOS 14)のコードを検証し、iOS 14で大幅にマウスのサポートが改良されることになるだろうと報じてします(MacRumors)。

AppleはiPadOS 13でマウスのサポートを追加しましたが、アクセシビリティ機能の一環で、控えめな存在でした。しかしiOS 14では以下のような機能が使用可能になるとのことです。

  • カーソルは常に標示されるわけではない: トラックパッドやマウスを使用したときのみカーソルが表示され、使用していないと数秒後に非表示になる。動かすと再度表示される。
  • 複数のポインター: 使用状況に応じて複数のポインターが標示される。標準や矢印でリンクの上では手のポインターに変わるなど。
  • 右クリック: 2本指で右クリックのようなジェスチャーをサポート
  • タップしてクリック: Macのトラックパッドで使える機能も

Appleはトラックパッド内蔵型のSmart Keyboardを開発中であるとも噂されており、今回の情報もこれを裏付けるものとなっています。

スポンサーリンク