Apple、iPadOS 15を発表 - マルチタスク機能やウィジェット機能の改善、ユニバーサルコントロールの導入

S 20210608 90547

Appleは本日、WWDC21でiPadOSのメジャーバージョンアップ版「iPadOS 15」を発表しました。マルチタスク機能の改良や、ウィジェット機能の改善、システムワイドで動作するメモ機能の導入などが行われています。

Apple iPadPro iPadOS15 mail notes multitasking splitview 060721

iPadOS 15ではマルチタスク機能の改良が行われ、1回タップするだけでSplit ViewやSlide Overを使えるようになります。Split View使用中も、ホーム画面にアクセスできるため、目的のアプリケーションに移動するのが簡単になります。「シェルフ」を使い、SafariやPagesのような複数のウインドウを持つアプリケーションでマルチタスクを行ったり、メールをすばやくプレビューすることも可能です。

Apple iPadPro iPadOS15 springboard widgets 060721

ウィジェットはホーム画面にアプリと一緒に配置可能になり、より多くの情報を一目で確認することができるようになります。App Store、「探す」、Game Center、連絡先、メールの新しいウィジェットも追加されます。Appライブラリが導入され、ユーザーはDockからすべてのアプリケーションにアクセスすることができます。

Apple iPadPro iPadOS15 QuickNote Safari 060721

システム全体でどこでもすばやくメモを取ることができる「クイックメモ」が導入され、Safariでブラウズ中など、他のアプリケーションを使用中に、手早くメモを残す事が可能となります。また「タグブラウザー」とタグに基づく「スマートフォルダ」により、タグを使ってメモを分類し、すばやく見つけることが簡単になります。

ユニバーサルコントロールの導入により、1つのマウスとキーボードでiPadとMacの間を移動できるシームレスな体験が可能になるほか、FaceTimeや、Safariの改善、「集中モード」の導入も行われています。新しいSwift Playgroundsでは、App Storeに提出可能なアプリが開発可能となります。