【Bloomberg】iPadOS 15ではマルチタスク機能が改善か - iOS 15では通知バナーの刷新も

Apple ipad pro spring21 ipad pro magic keyboard 2up 04202021

Appleの開発者会議「WWDC21」が6月8日(日本時間)に迫るなか、BloombergのMark Gurman氏が、iPadOS 15とiOS 15に関する新たな情報を伝えています(MacRumors)。

同氏によるとiPadではホーム画面が刷新され、カレンダー、天気、株価などのウィジェットを画面の任意の場所に配置できるようになるとのこと。またマルチタスクシステムの改善によって複数のアプリが同時に操作できるようになるそうです。

さらに、メッセージアプリの大幅な変更が予定されていて、自動返信機能が強化される模様。通知機能に関しては、画面上部に表示される着信通知バナーのデザインが変更されるほか、ユーザーが運転中、睡眠中、仕事中などのステータスを設定できるようになり、それに応じて着信通知の処理方法を決定できるようになるそうです。

Appleは、iPadとiPhoneのロックスクリーンのデザインの変更に取り組んでいるものの、変更は来年のiOS 16まで延期され、今年は見送られるとのこと。その他、macOS 12、tvOS 15、watchOS 8についてはマイナーアップデートになると予想されています。