iPhone SEと9.7インチiPad Proのメモリは「2GB」 iPad Proのプロセッサの周波数も判明

NewImage

TechCrunchのMatthew Panzarino氏の情報により、Appleが発売するiPhone SEと9.7インチ版iPad ProのRAM容量がどちらも「2GB」で、9.7インチ版iPad Proの動作周波数は12.9インチ版より少し低くなっている事実が明らかとなりました(MacRumors)。

RAM容量はSmart Memory Liteとよばれるメモリチェックアプリを使用して確認したもので、写真の表示からどちらのデバイスにも「2GB」のRAMが搭載されていることが確認できます。2GBというRAM容量は、iPhone SEにとってはiPhone 6s/6s Plusと同等ですが、9.7インチ版iPad Proにとっては12.9インチ版iPad Proの半分の容量ということになります。

Panzarino氏はプロセッサの動作周波数に関してもGeekBenchを使用してテストを実行し、iPhone SEのA9プロセッサはiPhone 6sと全く同じ周波数(1.85GHz)で動いているものの、9.7インチ版iPad Proは2.16GHzで、12.9インチ型iPad Proの2.24GHzよりわずかに遅くなっていることを明らかにしています。

Appleは通常iOSデバイスのRAM容量やプロセッサの動作周波数を仕様表に明記していません。iPhone SEと9.7インチ版iPad Proのスペックがはっきりわかった事はスペック重視のユーザーにとって貴重な情報だと思います。