少し大型化した「iPad mini」が登場?

Ipadmini4

DigiTimesは6月12日、Appleが今年後半に新型のiMacとiPadが発売される可能性があると報じています(MacRumors)。

この情報によるとAppleが2020年後半に発売するのは、新型の10.8インチiPad Airと、23インチのiMacで、2021年の前半には8.xインチのiPad miniや、mini LEDディスプレイを搭載したiPad Proが発売される可能性があるそうです。

Apple's new offerings for second-half 2020 are likely to include a 10.8-inch iPad Air and a 23-inch iMac device, with prospects to also release an 8.x-inch iPad mini and 12.9-inch iPad Pro with mini LED display in the first half of 2021, said the sources.

Apple is also expected to enlarge the size of 2020 iPad Air to 10.8-inch compared to the 10.2-inch one launched in 2019, said the sources, adding that volume production of the new iPad Air is to kick off in the third quarter 2020.

10.8インチiPadや、8〜9インチのiPad miniに関しては、おなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏が以前言及し、また23インチのiMacに関しては、4月にChina Timesが言及しています。

Macに関してはARMベースのプロセッサへ全面的に移行するとの噂がありますが、新型のiMacがIntel/ARMどちらのプロセッサを搭載しているのかも注目を集めそうです。

スポンサーリンク