iPhone 12に搭載されるA14のRAMコンポーネントの写真がリーク

A14chip

Apple関連製品のリーカーMr. White氏が、iPhone 12に搭載されるA14プロセッサのRAMコンポーネントのものとされる写真を公開していることがわかりました(MacRumors)。

MacRumorsは写真から読み取れる情報は多くないものの、2020年の第16週に対応する日付のナンバリングが付けられていることから、4月に製造された可能性が高いと推測しています。

Appleは2020年のiPhoneに、高速かつ効率的なA14チップを採用すると見込まれています。A14チップは5nmプロセスで製造され、ニューラルエンジンによる人口知能処理やARタスクが高速に実行できることが期待できます。

これまでの噂では低価格なiPhone 12シリーズは5.4インチと6.1インチで4GBのRAMを搭載し、ハイエンドのiPhone 12 Proシリーズは6.1インチと6.7インチで6GBのRAMが搭載されると予想されています。

スポンサーリンク