フラットなエッジの「iPhone 12」の金型写真が流出

Iphone12 1

Twitterユーザー@Jin_Storeが、今年発売されるiPhone 12、iPhone 12 Proのものとされる金型の写真を公開している事がわかりました(MacRumors)。

金型は例年、新型iPhoneの発売前にインターネット上にリークされているものと似にています。

事前に流出した情報に基づいて作成される事が多く、サードパーティのケースメーカーが新しいデバイス用のケースを開発するために用いられています。

Iphone12 2

金型を確認すると、iPhone 12のデザインは現行モデルから大幅に変更され、iPad Pro風のフラットなエッジが採用されている事が分かります。金型のサイズは、発売される可能性があると噂されている、5.4インチのiPhone 12、6.1インチのiPhone 12、6.1インチの iPhone 12 Pro、6.7インチの iPhone 12 Pro Maxのサイズに対応しているようです。

同アカウントは金型写真の他にも、3D CAD画像を公開しています。今後iPhoneの発売が近づくにつれさらに多くの情報が流出し、情報の正当性が確認される事になりそうです。

スポンサーリンク