iPhone 13シリーズのバッテリー容量が大幅に向上していたことが判明 - 最大2.5時間の持続時間向上に貢献か

Apple iphone13 colors geo 09142021

Appleが先日発表した「iPhone 13」シリーズはバッテリー持続時間の向上が大きな特徴の一つとなっています。

iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズと比較し、最大1.5時間〜2.5時間ほどバッテリーの持続時間が長くなっており、Appleは「大きくなったバッテリー」が新モデルに搭載されていると説明していましたが、この具体的な容量が明らかとなっています(9to5Mac)。

Chemtrec社のウェブサイトに掲載された資料によると、それぞれのモデルのバッテリー容量は以下の通りです。

  • iPhone 13 mini: 9.57Wh(iPhone 12 miniの8.57Whから9%増加)
  • iPhone 13: 12.41Wh(iPhone 12の10.78Whから15%増加)
  • iPhone 13 Pro: 11.97Wh(iPhone 12 Proの10.78Whから11%増加)
  • iPhone 13 Pro Max: 16.75Wh(iPhone 12 Pro Maxの14.13Whから18%増加)

Appleは前モデルと比較して、iPhone 13 miniが1.5時間、iPhone 13が2.5時間、iPhone 13 Proが1.5時間、iPhone 13 Pro Maxが2.5時間ほどバッテリーが長く持つと説明しました。バッテリー持続時間の向上は、バッテリー容量と電力効率に影響をうけ、今回明らかになったバッテリー容量の増加のほか、A15 Bionicの効率の高さも貢献していると考えられます。