iPhone 14はノッチ廃止、カメラの出っ張りも無し、iPhone 4風のデザインに

Iphone 14 render jon prosser

Appleの「iPhone 13」スペシャルイベントが9月14日に近づきつつあるなか、著名リーカーJon Prosser氏が自身のウェブサイト「Front Page Tech」にて、来年発売される「iPhone 14」に関する詳細を公開しました(MacRumors)。

同氏によるとiPhone 13は以下のような特徴を持っているとのことです。

  • ノッチは廃止されパンチホール式フロントカメラに。
  • リアカメラの段差をなくすために筐体を厚くし、レンズ、LEDフラッシュ、LiDARスキャナーが背面のガラスと同じ高さに揃えられる。
  • チタン製フレーム。
  • 旧モデルのiPhone 4およびiPhone 5に搭載されていたものと同様の丸いボリュームボタンを採用。
  • スピーカーとマイクのグリルのデザイン変更。デバイスの底面にある穴の代わりに、細長いメッシュのカットアウトを採用。
  • 少なくとも一部のiPhone 14モデルには、Lightningコネクタが残っている。
  • Prosser氏は、自身のYouTubeチャンネルでも、iPhone 14のレンダリング画像を詳しく紹介しています。

    Prosser氏は、iPhone 14のデザインやサイズ一部は2022年9月の発売までの間に変更される可能性があるものの、全体的なデザインは量産開始時にもほぼ変わらないだろうと確信していると説明しています。

    同氏は最近カラフルな新型iMacの登場を正確に予測し、AirTagのデザインを発売前にリークしましたが、他のいくつかのApple製品の発売時期や価格に関しては間違っていました。