【Bloomberg】AppleはiPhoneの緊急用衛星通信機能を開発中。2021年の発売は困難か

Pexels spacex 586056

著名なApple製品のアナリストアナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhone 13に地球低軌道(low earth orbit = LEO)衛星通信システムが搭載されるとのレポートを発表したなか、BloombergもAppleがiPhone用の衛星通信機能を開発していると報じています(MacRumors)。

ただしAppleが開発中の衛星通信機能はあくまで緊急用に限定されたもので、2021年には開始できないだろうと予想されています。

検討中の衛星通信の1つ目の機能は「衛星経由の緊急メッセージ」で、電波が届かない場所で、衛星ネットワークを使って緊急サービスや連絡先にメールを送ることができる機能です。SMSやiMessageと並ぶ第3の通信プロトコルとしてメッセージアプリに統合される模様。メッセージの長さに制限があるとされています。

2つ目の機能は、飛行機の墜落や火災などの大規模な緊急事態をユーザーが衛星ネットワークを使って通報できるようにするものです。緊急連絡先への警告に加え、ユーザーの位置情報や医療IDなどの情報を提供することが可能とされています。

Kuo氏はレポートで、iPhone 13に低軌道衛星通信接続機能が搭載され、4Gや5Gの電波が届かなくても通話やメッセージの送信ができるようになるとしていましたが、これは誤りで、Appleが衛星通信機能を実装するとしても緊急時だけに使用できる機能であり、幅広くテキストや通話を可能にするものではないと分析されています。

またAppleは衛星機能をすべての国で提供できるわけではなく、利用できるかどうかは現地の規制や衛星の位置に左右されるとのこと。今年発売されるiPhoneには衛星通信に必要なハードウェアが搭載されている可能性があるそうですが、まだ確定しないそうです。