M1 MacBookのバッテリーの持続時間が長すぎてAppleはインジケーターがバグっていると考えた

43064 83672 000 lead M1 xl

M1 MacBookのバッテリーの持続時間が良すぎたため、Appleは当初バッテリージケーターがバグっているのではないかと考えていたことが新しいインタビュー記事によって明らかにされました(9to5Mac)。

Appleのマーケティング担当副社長のBob Borchers氏はTom's Guideの取材に応じ、M1 MacBookのバッテリー持続時間に関して以下のように説明しています。

When we saw that first system and then you sat there and played with it for a few hours and the battery didn’t move, we thought ‘Oh man, that’s a bug, the battery indicator is broken,’

最初のシステムが完成しユーザーが数時間遊んだ後で、バッテリーインジケーターが動かなかったとき、私たちは「これはバグだ、バッテリーインジケーターが壊れている」と思いました。

実際M1搭載MacBook ProはWebサーフィンのテストで16時間25分という驚異的な持続時間を記録していて、インテルプロセッサを搭載したPCの10時間21分に対して非常に大きな差をつけています。

Borchers氏は、Rosetta 2を使用しIntel Mac向けのアプリケーションがシームレスに動作するのに十分なパフォーマンスを確保しながら、長いバッテリーライフを実現できたことが真の成果だと述べています。

ただし、M1 Macは性能面で同価格帯のWindowsマシンを圧倒しているものの、ゲームに関してはそうではありません。Appleのプラットフォーム・アーキテクチャ担当副社長のTim Milet氏は「熱心なゲーマー向けに広くアピールできれば素晴らしい」と将来の製品でゲーム関連機能を強化する可能性を示唆しています。

Tom's Guideは、M1チップをHero awardに選出しました。