M1 MacでiOSアプリのサイドローディングが不可能に

M1 mac sideload disabled

AppleがM1 Macで、開発者が許可していないiOSアプリを実行可能にするサイドローディングをブロックするサーバーサイドの仕組みを導入したことがわかりました(MacRumors)。

これまでM1 Macでは、iMazingのようなサードパーティ製アプリを使用し、アプリの.ipaファイルを取得してインストールすることができました。現在、この方法でアプリをサイドロードしようとすると「開発者がこのプラットフォームで実行することを意図していないため、アプリをインストールすることができません」というエラーが表示される模様です。

アプリの開発者は、iPhoneやiPadアプリをM1 Macで利用可能にすることもできますが、そうしないこともできて、NetflixやHulu、Instagramなどの人気iOSアプリはM1 Macで使用することはできなくなっています。これまでiMazingやApple Configurator 2を使用してこれらアプリを使用することができましたが、この抜け道が塞がれたことになります。

変更は新規インストールするアプリにだけに影響し、すでにサイドロードされたアプリは引き続き使用可能とのこと。macOS Big Sur 11.1とmacOS Big Sur 11.2ベータで、サイードロードが無効となっているようです。

スポンサーリンク