ベンチマークがリーク - M1が速いと思っている人はM1Xを知らないだけかもしれない

Apple m1x 2

Appleが独自プロセッサ「M1」の後継である「M1X」に取り組んでいるという噂は昨年11月から流れています。

プロトタイプを使用したことのあるユーザーは「M1を速いと思っているなら、M1Xを見ていないからだ」と伝えたそうですが、今回CPU-Monkeyにこの「M1X」の情報が投稿されリークされた情報の裏付けが行われたことがわかりました(MSPoweruser)。

同サイトにうよると、新しいチップはBig-smallアーキテクチャを採用し、高性能な「Fire Storm」コアを8個、軽いタスク用の「Ice Storm」コアを4個搭載する模様。Apple M1プロセッサの8コア(各4種類)からパワーアップしていることがわかります。

GPUの改良はさらに顕著で、GPUコアが16コア、実行ユニット数が256になるようです。最新のMacBook ProやMacBook Airに搭載されているM1は、128の実行ユニットを持つ8コアGPUを搭載しているため、次世代モデルは最大2倍のグラフィック性能を達成する可能性があります。

M1XのTDPは35W-45Wに増加し、最大32GBのLPDDR4XメモリとPCIe 4.0ストレージをサポートします。プロセッサの特性から高い処理能力が要求される16インチMacBook Proに搭載されるのではないかとみこまれています。

スポンサーリンク