Apple、Rosetta 2をM1 Macから削除?

Applesilicon

Appleシリコン搭載Macでは、変換レイヤー「Rosetta 2」を使用して、Intel Mac向けのアプリを動かすことができます(一部制限あり)。Appleシリコン対応のアプリが出揃うまでは重要な技術といえますが、このRosetta 2が一部の国や地域で使えなくなることを示唆する情報が、ベータ版OSの中から発見されたことがわかりました(MacRumors)。

macOS Big Sur 11.3 beta 3のコードの中に「Rosetta will be removed upon installing this update(このアップデートをインストールするとRosettaは削除されます。)」や「Rosetta is no longer available in this region. Applications requiring Rosetta will no longer run(Rosettaはこの地域では利用できなくなりました。Rosetta を必要とするアプリケーションは動作しません)」という文字列が含まれていたと、Steve Moser氏が指摘しています。

Rosetta 2が削除される具体的な次期や地域は不明ですが、Appleが削除に向けた準備を進めているのは確かなことかもしれません。理由に関しては、法的な理由や著作権上の理由が原因だとみこまれていて、MacRumorsはAppleに対しコメントを求めています。

スポンサーリンク