Appleシリコンへの移行は2022年末のMac Proで目標達成か

2019 mac pro side and front

Appleは2020年に開催されたWWDCで、MacのプロセッサをIntelからAppleシリコンへ移行する計画を発表しました。完全に移行するまで約2年間必要だとされていたなか、BloombergがAppleシリコンの今後のロードマップに関して詳しく説明しています(9to5Mac)。

BloombergのMark Gurman氏はニュースレター「Power On」の最新号で、Appleの2年間の移行計画はかろうじて達成されるだろうと主張しています。これまでM1チップはエントリーレベルのMacBook Pro、Mac mini、MacBook Air、24インチのiMacに搭載されていますが、2022年の11月までには移行を完了できるだろうとのことです。

同氏は、「M1X」プロセッサを搭載したMacBook Proが今後数ヶ月のうちにリリースされる予定で、ハイエンドのMac miniもその後すぐに登場すると予想。2022年にはiMacが完全に移行し、Appleシリコンを搭載して小型化したMac Proも2022年末までに登場すると説明しています。Appleシリコンを搭載した、Mac Proは現行のMac Proの半分程度の大きさになるそうです。

さらに2022年中には、デザインを一新したMacBook Airも計画されていて、このMacBook AirはMagSafeをサポートしているとのことです。また、Intel Mac Proのアップデートも行われる可能性があり、これにはIntel Ice Lake Xeon W-3300ワークステーションCPUが搭載されると噂されています。