M1 Macで動作するARM版Windows 10がSurface Proより高速な事が判明

Windows 10

開発者のAlexander Graf氏が、AppleのM1チップ搭載Macで、ARM版Windows 10の仮想化に成功したことを報告して注目を集めています。

その後、同氏が公開した手法を用いて、別の開発者がM1 Mac上で動作するARM版Windows 10のGeekbenchスコアを測定したところ、Microsoft SQ2を搭載したSurface Pro Xのスコアを上回っていることが判明しています(MSPoweruser)。

Geekbench 5のスコアは以下の通りです(数値はシングルコアスコア / マルチコアスコア)

M1 MacBook Proのスコアはネイティブ実行時に圧勝しているだけでなく、仮想化した状態でもSurface Pro Xを上回っていることがわかります。

なおx86版のGeekbench 4を動かした場合のスコアは以下の通りです

現在、ARM版Windows 10のライセンスは単体で販売されていませんが、もしM1 Mac向けにライセンスが提供されることになれば、理想のWindowsノートが実現することになるのかもしれません。

スポンサーリンク