M1 MacBookのスクリーンクラックで集団訴訟が計画中

Class action lawsuit planned for M1 MacBook screen cracks

今年の7月、M1 MacBook AirとM1 MacBook Proの両方で、通常使用の範疇にもかからず画面がひび割れてしまうという問題が報告されていましたが、この問題に対する集団訴訟の準備が進められていることがわかりました(9to5Mac)。

Apple Support CommunitiesRedditには、蓋の開閉時に画面のひび割れが発生したという報告や、蓋を開けた際にひび割れたを発見したという報告が寄せられています。Appleはこの問題がディスプレイに小さなゴミが挟まったことによって発生する偶発的な損傷であると主張し、ほとんどの場合有償で修理を行っている模様。

法律事務所Migliaccio & Rathod LLPは「多くのユーザーが、ディスプレイの開閉や位置調整の際にかかる通常の圧力に耐えるだけの頑丈さがないのではないかと考えている」とし、問題の調査を始めたとのこと。

Migliaccio & Rathod LLP is currently investigating Apple over widespread reports that the retina display in their recent line of M1 MacBook laptops is vulnerable to screen cracks during normal usage.

Many users allege that they have opened their devices from the closed position without applying any undue pressure, only to find dramatic cracks in the retina display, often accompanied by black bars running across the screen. Others report that the crack followed a simple adjustment of the screen’s viewing angle. In none of these cases would a reasonable consumer expect such activity to damage their device, let alone cause a screen crack that impairs its functionality […]

Many suspect that the display is simply not sturdy enough to withstand the normal pressures of opening, closing, or adjusting its position, an issue for which Apple has provided zero forewarning. Whatever the case, users are left with little choice but to spend upwards of $600.00 to have their display repaired, with no guarantee that the screen crack defect won’t reoccur at a later date.

同法律事務所は、この問題を経験したM1 MacBookユーザーの連絡先を求めています。現在「Appleに対する法的請求の可能性を調査している」としか述べていませんが、影響を受けているユーザーの数の評価は、集団訴訟を計画する上で、弁護士が取る最初の段階として知られています。

M1 MacBook AirとM1 MacBook Proは、従来のIntelモデルと筐体のデザインは変更されておらず、なぜこのような問題がM1搭載モデルでだけ報告されているのか原因の解明が求められています。