Apple、macOS Big Sur 11.2.1の改訂版を公開 - インストール時の空き容量チェックを修正

S 20201209 142853

Appleは本日、「macOS Big Sur 11.2.1」の改訂版をリリースしました(MacRumors)。macOS Big Surのインストーラーには、インストール時の空き容量チェックが行われておらず、データが失われる可能性があるという深刻な問題が存在していましたが、改訂版ではこの不具合が修正されている模様です。

Mr. Macintosh氏はTwitterで、
macOS Big Sur 11.2.1(20D75)のインストーラーで、空き容量のチェックが正しく行われることを確認したとつぶやいています。

macOS Big Surのインストールに必要な、35GBの空き容量がストレージに存在しない場合、インストール時に「選択したボリュームにはOSをアップグレードするのに十分な空き容量がありません」と表示され、追加の空き容量がどれくらい必要かを知らせてくれるとのことです。

なおmacOS Big Sur 11.2.1の改訂版は、以前macOS Big Sur 11.2.1をインストールしていなかった環境でのみダウンロード可能です。