【悲報】macOS Big Sur 11.2で外部ディスプレイに関する不具合が修正しきれず

Macbook pro touch bar m1

macOS Big Sur 11.1および先日公開された11.2でも引き続き、外部ディスプレイの接続に関する問題が報告されていることがわかりました(MacRumors)。

MacRumors ForumsApple Community、Twitter、Redditに寄せられたコメントによると、不具合は少なくとも2つ存在し、macOS Big Sur 11.1で始まり、11.2でも修正されず、場合によっては悪化している場合もあるとのこと。

1つ目の問題は、USB-Cポートが外部ディスプレイの認識に失敗して使用不可能となるというもので、DisplayPort/HDMIディスプレイに直接あるいはハブやアダプタを介して接続した場合のどちらでも発生しています。

2つ目の問題は、外部ディスプレイが4K 60Hzのフル解像度で動作せず、代わりに30Hzで動作してしまうという解像度の問題で、場合によっては、4Kモニターは1080pモニターとしてしか認識されないそうです。多くは16インチのMacBook Proで発生しているそうですが、、他のMacでも同じような問題が発生するという報告もあるそうです。

macOS Big Sur 11.0.1の初期リリースではこれらの問題は発生していないそうですが、昨日リリースされたmacOS Big Sur 11.3アップデートでもこの問題は解決していない模様。11.3正式版までに問題が解決することが期待されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる