Apple、macOS Big Sur 11.2 RC3を開発者に対して公開 - パブリックベータ版も

Macos big sur

Appleは本日、macOS Big Sur 11.2 RC 3を開発者およびパブリックベータテスター対して公開しました(MacRumors)。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。Apple Beta Software Programに参加しているベータテスターは、同Webサイトを利用して最新版をインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
macOS Big Sur 11.2 RC 3 20D64 2021/01/28(米国時間)

macOS Big Sur 11.2では、Appleのアプリがサードパーティ製ファイアウォールやセキュリティツールを回避できるようになっていた機能が削除されているほか、Bluetoothの信頼性の改善やMac miniの外部ディスプレイの問題の修正などが行われています。

リリースノートによると以下のような変更が含まれています。

macOS Big Sur 11.2 improves Bluetooth reliability and fixes the following issues:
- External displays may show a black screen when connected to a Mac mini (M1, 2020) using an HDMI to DVI converter
- Edits to Apple ProRAW photos in the Photos app may not save
- iCloud Drive could turn off after disabling the iCloud Drive Desktop & Documents Folders option
- System Preferences may not unlock when entering your administrator password
- Globe key may not display the Emoji & Symbols pane when pressed

なお、本日のアップデートで、ローカルユーザーがroot権限を取得することができるsudoの脆弱性が対処されるのではないかとの推測がありましたが、脆弱性は対処されていない模様です。

スポンサーリンク