Apple、macOS Big Sur 11.3 beta 2を開発者に対して公開

Macos big sur

Appleは本日、macOS Big Sur 11.3 beta 2を開発者に対して公開しました(MacRumors)。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
macOS Big Sur 11.3 beta 2 20E5186d 2021/02/17(米国時間)

macOS Big Sur 11.3では、Safariのカスタマイズオプションが改良され、お気に入りやリーディングリスト、Siriサジェスト、プライバシーレポートなどをスタートページの異なるセクションに再配置する方法が追加されています。

M1 MacでiOSアプリを使用するための最適化もすすめられており、iPhone/iPadアプリ実行時に、タッチ入力の代わりにキーボードコマンドを利用するための設定画面が準備されています。可能な場合はiPadOSアプリが大きなウィンドウで起動できるようになっています。

PlayStation 5 DualSenseとXbox Series X/Sコントローラのサポートが追加され、
macOSのゲームで使用できるようになりました。

リマインダーアプリには、印刷機能に加えてソートオプションが追加され、Apple MusicやApple Newsアプリケーションも改善されています。さらに「このMacについて」の「サポート」画面が更新されて、保証に関する詳細を確認したり、修理を開始したりすることが可能となっています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる