新型の14/16インチMacBook Proは同じスペックか

MacBook Pro M1 processor

リーカーのDylandkt氏がTwitterで、新型の14インチと16インチのMacBook Proはどちらも同じチップを使用しており、結果として同じパフォーマンスになると主張しています(iDownloadBlog)。

この情報が正しければ、次期MacBook Proに搭載されるM1Xチップに周波数の違いは存在せず、小さなサイズの14インチMacBook Proを選択したいユーザーにとってパフォーマンスが劣るという心配はしなくても良いということになります。ただし現行のM1チップを搭載した13インチのMacBook Proからは大幅な価格の上昇が予想されます。

信頼性の高いApple関連ジャーナリストであるBloombergのMark Gurman氏によると、Apple M1Xは12コアのCPU、16コアまたは32コアのGPUという構成になる模様。4コアのCPU、8コアのGPUというApple M1チップよりも大幅にパフォーマンスが向上する見込みです。

現行の13インチのMacBook Proのフラッグシップモデルは、2.3GHzのCore i7チップ、IntelのIris Plus GPU、4TB SSD、32GBのRAMという構成が、16インチMacBook Proのフラッグシップモデルは、2.4GhzのCore i9チップ、64GBのRAM、ATIのRadeon Pro 5600M GPU、8TBのSSDという構成が可能です。CPUのパフォーマンスではM1Xはこれらを超えるはずですが、M1Xが32GBまたは64GBのユニファイドRAMに対応するかどうかは不明です。