ランサムウェアリークにより新型MacBook Proの図面が流出 -Touch Barは削除か

Untitled 39 2

ハッカー集団「REvil」がAppleのサプライーヤーの1つ「Quanta Computer」に侵入し、ランサムウェアを使って新型MacBook Proの情報などを入手したと主張していることがわかりました(9to5Mac)。

公開された図面によると、新型MacBook Proは、MacSafe、HDMI、SDカードスロットなどの各種ポートが搭載されており、基本的には接続ポートが現行より増えている模様です。本体の右側にHDMIポート、USB-Cポート、SDカードスロットが配置され、左側にはMagSafeコネクタ、USB-Cポートx2、ヘッドフォン端子が存在する模様です。
Touch Barは存在しないものの、Touch IDはファンクションキーの列の一番右側に残っているそうです。

公開されたドキュメントには、Appleが昨日発表した2021年モデルのiMacや、2020年モデルのMacBook Airの詳細な回路図が含まれていて、REvilは今後数日間でさらに多くのファイルを公開すると会社を脅迫しているとのことです。

スポンサーリンク