【11/20まで】Kindleストアで翻訳SFファン必見!50%オフ多数の「早川書房海外SFセールが開催中【厳選15冊】

Astronaut spacewalk iss tools

AmazonのKindleストアで現在、早川書房の電子書籍287冊を対象とした「【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール」がはじまりました。セール期間は11月20日までとなっています。

早川書房の電子書籍はのなかでも特に「海外SF」はセール対象になることが少なく(前回は2014年?)、翻訳SFが好きな方ならば絶対に見逃せないキャンペーンだと思います。

以下気になる電子書籍を15冊ご紹介。

モダンSF

まずは比較的最近発売されたSF作品から

現代のハードSFを牽引するグレッグ・イーガン作品では、ヴァーチャルリアリティ・システムの可能性と限界を探る意欲作「ゼンデギ」。150万年のあいだ意思疎通を拒んでいた孤高世界から、融合世界に使者がやってきた。銀河系中心部を目指すラケシュと、"スプリンター"世界の進化を描く「白熱光」。わたしたちの世界とは少し違う、別の物理法則に支配された宇宙を舞台に、宇宙の特異性を利用し、惑星壊滅を救う種族を描いた「クロックワーク・ロケット」他2作の"孤絶"三部作。

なかでもゼンデギは他2作より圧倒的に分かりやすく、入門用にはおすすめです。

第二次大戦で日独の枢軸側が勝利し巨大ロボット兵器が闊歩する日本合衆国を具現化した「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」や、同胞を救うため支配階級ゴールドの世界に潜入した最下カースト・レッドの若者ダロウが活躍する「レッド・ライジング」は割と気楽に読める作品です。

定番SF

次は定番作品です。

SF御三家の一人ロバート A ハインラインによる永遠の名作「夏への扉」や、生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっている世界で人工の電気羊しか飼えないリックが、アンドロイド八人を追う「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」。

映画「メッセージ」の原作、ネビュラ賞を受賞した感動の表題作をはじめ、天まで届く塔を建設する驚天動地の物語「バビロンの塔」などを収録した「あなたの人生の物語」。火星のサバイバルをリアルに描いた話題作「火星の人」。人類社会の辺境に位置する惑星ハイペリオンを舞台にした壮大なSF「ハイペリオン」。

その他

最後はその他注目の作品です。

テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説「氷と炎の歌」シリーズがお得です。現在は「竜との舞踏」まで翻訳済みで、次作が(本国でも)待ち望まれています。

稀代の物語の魔術師が、持てる技巧のすべてを駆使して書き上げた、最も完成された小説「双生児」、全世界のコンピュータ・ネットワークの織りなす情報の宇宙、電脳空間を舞台にスーパーハッカーが活躍する、サイバーパンク小説の幕開けとなった「クローム襲撃」。

1番『さすらいのスターウルフ』から2000番の『ソラリス』まで、番号順にすべての読みどころと意義をSF作家・評論家らが徹底解説した「ハヤカワ文庫SF総解説2000」もKindle化されています。

翻訳SFが好きな方は是非リンクを辿ってご確認ください。

開催中のその他セール

現在Kindleストアでは以下のセールも開催されています(セール終了が近い物順)。

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-it-books-fair-to-20171116/

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-tokuma-mystery-fair-to-20171116/

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-fall-it-books-fair-to-20171116/

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-fantasy-sale-to-20171123/

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-nico-kado-matsuri-2017-to-20171130/

https://www.softantenna.com/wp/sale/kindle-monthly-sale-2017-11/

セール情報を自動で紹介する「Kindleセールアンテナ」も運用中です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク