Adobe PhotoshopがWindows 10 ARMを公式サポート

Adobe Photoshop content aware fill

Adobeは2020年11月に、Windows 10 on ARM向けのPhotoshopのベータ版をリリースしました。その後開発が進み、先週この新しいPhotoshopが正式版として公開されています(MSPoweruser)。

現段階ではARM版のPhotoshopでは以下のような機能が利用することができませんが、今後のリリースで不足した機能は追加される予定です。

  • Import, Export and playback of embedded video layers
  • Shake Reduction filter
  • Invite to Edit workflows are not supported. To learn alternative ways to send invitations via Web, see?Access and edit shared cloud documents.
  • Preset Syncing is not on by default
  • Windows Dial Support
  • Generator and related features
  • Opening or placing U3D files
  • Starting Photoshop from Lightroom ‘Edit In’ command
  • Oil Paint Filter
  • Spell Checking and hyphenation for Hebrew and Arabic languages
  • Plugin Marketplace panel

Photoshop ARM版特有の不具合も存在し、なかには起動時にフリーズするという重大な問題も残されています。

Update the OpenCL/GL Compatibility Pack. The Photoshop/WinArm installer installs a required Microsoft Store component on your system: the "OpenCL/OpenGL Compatibility Pack". After installation, we recommend updating to the latest version of this component from the Microsoft Store App

詳細は公式ページで確認可能です。

スポンサーリンク