人気スリープ防止ユーティリティ「Amphetamine」が今後もMac App Storeに残ることに

800x500bb

ガイドライン違反により削除の危機にあったMacアプリ「Amphetamine」が、今後もMac App Storeに残り続けることが可能になったことがわかりました(MacRumors)。

Amphetamineは、Mac用の人気のスリープ防止ユーティリティで、2014年に公開後432,000回以上ダウンロードされ、Mac App Storeでも高い評価を受けています。

しかしAppleは、突然このアプリがガイドラインに違反していると判定し、開発者であるWilliam Gustafson氏に、アプリに変更を加えないと2021年1月12日にMac App Storeから削除すると連絡しました。

Appleの担当者はAmphetamineが、「煙草や違法薬物、アルコールなどの消費を促すアプリがApp Storeで許可されない」という以下のガイドラインに違反していると指摘しています。

Apps that encourage consumption of tobacco and vape products, illegal drugs, or excessive amounts of alcohol are not permitted on the App Store . Apps that encourage minors to consume any of these substances will be rejected. Facilitating the sale of marijuana, tobacco, or controlled substances (except for licensed pharmacies) isn't allowed.

Gustafson氏は、アンフェタミンは米国では合法的な処方薬で、アプリも違法薬物の使用を促進するものではないと主張し、Change.orgで500人以上の署名を集めて、Appleの主張に対抗しました。結局、この活動の効果があったのか、Appleのレビュアーから連絡を受けて、AmphetamineがMac App Storeに残ることが決まったのです。

Amphetamineは、Mac App StoreでAppleが直接プロモートしたこともあるアプリで、今回の問題がなぜおこったのか詳細は不明です。