Android版「COCOA」、2020年9月から接触しても通知されないバグ

S 20210204 103118

厚生労働省は2月3日、Android版の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)に、陽性登録者と接触しても検知・通知できないなどの不具合が存在したことを発表しました

不具合は昨年9月28日のバージョン1.1.4の配布以降、同バージョン以上を使用しているAndroid端末全てで発生しているそうで、不具合の修正は2月中旬が予定されています。

COCOAは陽性登録者と1m以内、15分以上の接触があったと判定すると利用者に通知する機能が実装されていますが、不具合によりこの機能が動作していなかった模様。COCOAの開発・保守運用を行っている事業者からの報告により発覚し、実機を用いた検証の結果不具合が判明したとしています。なおiOS版ではこの不具合は発生していないとのことです。

なおGitHubには昨年11月、アプリの通知機能の不具合を指摘した「transmission_risk_levelの値について #14」というissueが登録されていますが、状態はOpenのままになっています。

スポンサーリンク