Chrome 89安定版がリリース - WebHID、WebNFC、Web Serialの導入

S 20210303 110801

Googleは3月2日(現地時間)、デスクトップ版Chromeブラウザの最新版「Chrome 89」をリリースしました(Chrome ReleasesChrome Developers)。

Chrome 89.0.4389.72では深刻度Highの脆弱性8件を含む合計47件の脆弱性が修正されています。セキュリティ関連の修正の詳細はChromium Security Pageで確認可能です。

Chrome 89では、WebHID、WebNFC、Web Serialがオリジントライアルを卒業し安定版で利用可能となっています。それぞれHID、NFC、シリアルデバイスに対するAPIを利用可能とするものです。初期段階ながらWebRTCにおけるAV1エンコーディングのサポートも行われています。

サイトでユーザ−がファイルの作成や編集を行う際に使用する、Web Share,とWeb Share Targetのサポートの追加や、PWAのインストール可能性チェックを回避するために使用された抜け穴を塞ぐ変更も行われています。

新機能の詳細はChromeStatus.comで確認することもできます。

S icon タイトル Chrome 安定版
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/browser/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7003-chrome-stable
説明 Googleの開発するWebブラウザ。

スポンサーリンク