Chrome 90からはhttps接続が優先されるように

S 20210104 203936

Googleは3月23日(現地時間)、「A safer default for navigation: HTTPS」と題したブログ記事を公開し、Chrome 90以降ではアドレスバーに入力された文字列対し、デフォルトでHTTPS接続を使用するように変更することを明らかとしました。これによりHTTPSをサポートしているWebサイトを閲覧する場合、読み込み速度が向上することが期待されます。

例えば、アドレスバーに「example.com」と入力してWebサイトを開こうとする場合、これまで「http://.example.com」が選択されていましたが、Chrome 90以降では「https://example.com」が選ばれることになります。

これまでのように「http://」から「https://」へリダイレクトする必要がなくなり、HTTPSをサポートしたサイトに直接接続することが可能となるため、最初の読み込み速度が向上することが期待できるのです。なおHTTPSをサポートしていないサイトの場合、HTTPSの接続が失敗すると、HTTPへフォールバック接続されます。

変更はChrome 90のデスクトップ版とAndroid版に展開され、iOS版もこれに続く予定です。

ChromeでHTTPS接続を優先する変更は、今年の1月に初期の実装行われ、テストされていることが発見されていました。