Chromeにアドレスを入力するとHTTPS接続が優先されるようになる

S 20210104 203936

GoogleはURLからプロトコル部分を省略して表示するなど、長年にわたってChromium/Chromeのアドレスバーに対して、さまざまな改良を加えています。今回、新しく発見されたコミットの情報より、ChromeのオムニボックスのナビゲーションでHTTPSを優先するためのテストが行われていることが分かりました(Windows Latest)。

現在アドレスバーに"microsoft.com"と入力した場合、最初にHTTP接続を試み、それが失敗した場合はHTTPS接続が実行されます。今回の変更では、この順序が逆になり、HTTPS接続を最初に実行して、失敗した場合にHTTP接続が実行されるようになるのです。変更はこれだけでなく、オートコンプリートのデフォルトもHTTPS優先になります。

Googleはこれを「upgraded HTTPS navigations(アップグレードされたHTTPSナビゲーション)」と呼び、増え続けているHTTPSサイトへの接続を最適化するための処理だと説明しています。

なお、現在は最低限の実装で、一般的な使用のための準備は整っておらず、HTTPSのロードが成功するのを無制限に待つのではなく、数秒待って、必要ならばロードをキャンセルするような処理を加えることが必要だろうと、Googleのエンジニアは説明しています。

今回の変更の一般公開の時期は不明ですが、Chromiumに取り込まれれば、Chrome以外にも、Vivaldi、Microsoft Edge、Opera、Braveなどの他のChromiumベースのウェブブラウザへ変更が波及することになります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる