GIMP 2.10.14がリリース - HEIFサポートの改良やmacOS Catalinaのサポート

Gimp 2 10 14 normal map

GIMP開発プロジェクトは10月31日(現地時間)、画像処理ソフトウェアGIMPの最新版「GIMP 2.10.14」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

GIMP 2.10.14は安定版で、多数の不具合の修正が含まれているほか、既存の機能の拡張も行われています。HEIF、TIFF、PDFといった各種フォーマットのサポートが改良されたほか、破損したXCFファイルの読み込み処理の改良、フォアグラウンド選択ツールのグレースケールプレビューモードの追加などが行われています。

また27個の古いフィルタが新しいグラフィックライブラリGEGLバッファーを使用するように移植されたほか、macOS Catalinaとの互換性が追加されています。

  • Basic out-of-canvas pixels viewing and editing
  • Optional editing of layers with disabled visibility
  • Foreground Select tool: new Grayscale Preview Mode
  • Newly added Normal Map filter
  • 27 old filters ported to use GEGL buffers
  • HEIF, TIFF, and PDF support improvements
  • Better loading of corrupted XCF files
  • Grayscale workflows order of magnitude faster
  • macOS Catalina compatibility
  • 45 bugfixes, 22 translation updates

GIMP開発プロジェクトは今後数か月間以内に、最終的なGIMP 3.0安定版リリースにつながるアルファ/ベータシリーズの開始点としてGIMP 2.99.2をリリースする予定です。

Pc タイトル GIMP for Windows
公式サイト https://www.gimp.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2399-gimp-for-windows
説明 UNIXで有名なGIMPのWindows版。