Git 2.33がリリース - 新しいマージ戦略「merge-ort」の導入

S 20210817 113314

Git開発チームの濱野純氏は8月16日(現地時間)、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版「Git v2.33.0」をリリースしたことを発表しました(PhoronixThe GitHub Blog)。

Git v2.33.0はv2.32.0以来、19人の新人を含む74人の貢献者によって作成された、449件の非マージコミットで構成されたリリースとなっています。

最新版では、幾何学的再パッキング(geometric repacking)の更新や、ブランチをまたいでGitマージを処理するための新しいマージ戦略「merge-ort]の導入、ビットマップ関連の最適化などが行われています。また細かな改良や不具合の修正も行われています。

Gitの新しいマージ戦略「merge-ort」は、再帰的戦略をスクラッチで書き直したもので、正確性やパフォーマンスの問題に対処しています。GitHubによると、名前の変更が多い大規模なマージの場合、merge-ort は500 倍ものスピードアップを達成し、rebase操作におけるマージではmerge-ortは9000 倍以上スピードアップする模様。新しいmerge-ortは既存のマージコードよりも一貫して高速に動作する事が期待されています。

新機能の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認することができます。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる