Google ChromeにWebサイトをフォローするボタンが搭載へ

Google chrome follow rss experiment

Googleは5月19日(現地時間)、「An experiment in helping users and web publishers create deeper connections on Chrome(ユーザーとウェブパブリッシャーがChromeでより深いつながりを持てるようにするための試み)」と題したブログ記事を公開し、ChromeのAndroid版に基本的なRSSフィードリーダー機能を搭載するテストを近日中に行うことを明らかにしました。

Googleは、Android版のChrome Canaryに「実験的なフォロー機能」を搭載し、米国の一部ユーザー向けに提供する予定です。テストを行い、この機能がブラウザの全バージョンに搭載されるのに十分なほど関心をあつめるかどうかの判断を行うと説明しています。

Googleは2013年に最も人気のあったRSSフィードリーダーである「Googleリーダー」を廃止しました。多くのインターネットユーザーがRSSが廃れる流れを予想したものの、RSSを完全に置き換えるテクノロジーは存在せず、今も根強く生き残っています。

Chromeに統合されたRSSリーダーを利用すると、ユーザーはわずか2回のタップでRSSをサポートするサイトをフォローすることができます。フォローを選択することで、購読しているフィードのリストに追加され、新しいタブページには、投稿を時系列で一覧表示する「フォロー」タブも追加されます。

ユーザーからのフィードバックが好評ならば、デスクトップ版のChromeにも同様の機能が搭載されることが期待できそうです。